糖尿病の対策をしたいなら専用のサプリを飲もう

  1. ホーム
  2. 食事を見直そう

食事を見直そう

血管

ブドウ糖の量を表す

ヘモグロビンa1cは血液の中にブドウ糖がどれくらい含まれているかを表す指標のことです。このヘモグロビンa1cの値が高ければ糖分が血液中に多量に含まれているということなので、糖尿病になる可能性が高いです。そのため、糖尿病を防止するためにもヘモグロビンa1cの値を下げる必要があります。体内のヘモグロビンa1cを減らしたい場合には食事内容の見直しが最も効果的です。その代表的な食材はサバやサンマなどの青魚です。これらの青魚にはDHAが含まれているので、ヘモグロビンa1cを減らしたり血行促進を促すなどの働きもあります。青魚が苦手な人にはサプリメントで摂取することをおすすめします。また、近年においてはクロムがヘモグロビンa1cを減らす作用を持っていることがわかりました。クロムを摂取するとコレステロールもさげてくれるので動脈硬化や高血圧も抑えてくれるので、生活習慣病の改善に役立ちます。クロムは玄米やそばに多く含有されているので、日々の食生活に取り入れてみるといいでしょう。他には、ほうれん草、もやし、しじみなども摂取しておいて損はありません。逆に摂取するべきではない食材としては、パン、ご飯、ビール、日本酒などです。これらは日頃から飲んだり食べたりするものなので、あくまでも過剰摂取を控えるようにすることが重要です。全く飲食しないようにするのは非常に難しいので、自分でできるだけ量を減らす努力をしましょう。